美容師が教えるホーユー シエロオイルインヘアマニキュアできれいに白髪を染めるコツ

用意するのは台所にあるアレ!この1テクニックでしっかり染まる

CMみたいに白髪染めヘアマニキュアでツヤはでるの?

CMや雑誌で「ヘアマニキュア」のCMや広告を見たことはありますでしょうか?白髪染めなのに艶やかな髪と透明感のあるカラーリング。

有名女優さんなどが白髪染めヘアマニキュアのモデルをされているのでついつい見入ってしまいますよね。
「簡単」「長持ち」「ダメージレス」と言われているので同じように染めてみたいな~と思ってドラッグストアで探されている方もいるのではないでしょうか。
一体どれを使ったらいいの?と思う位の豊富な種類が店頭には並んでいます。

今回は現役美容師として1度気になっている「シエロオイルインヘアマニキュア」を実際使ってみての感想や、上手に染まるテクニックをお伝えしたいと思います。

毛染めの中でもマニキュアはブラシタイプがおすすめ

私たち美容師が店でつかうマニキュアは薬液とブラシは別で行います。
ブラシにマニキュアの原液を均等に付け、髪の流れを把握しながら地肌に付かない様に全体につけて行くのでとても高度な技術訓練が必要です。

しかし一般ではちゃんと地肌に付かない様に施術が出来る「ブラシタイプ」が販売されているので、自分でする時はそちらを選ぶことをおすすめします。簡単ですし、地肌に着くとなかなか色落ちがしないヘアマニキュアはブラシタイプの方がよいでしょう。

アルカリヘアカラーと酸性ヘアマニキュアの染まり方の違い

アルカリヘアカラー

美容室でヘアカラーと言えば、アルカリ剤が入った2つの液を科学的に反応させた薬液で染めるのが主流になっています。また、市販の物でも「白髪染め」は2色を混ぜます。

黒い毛は明るく脱色する作用、白髪には色味がしっかりと入り地肌から生えて来る白髪丸ごとしっかりと染める物になっています。

白髪を1度染めると色が抜けにくいので、次根元から伸びて来た白髪だけを染める事だけで済みます。 美しく綺麗に染めることが出来るのですが、髪へ薬液を付ける事により髪の中の成分にもダメージを与えてしまいます。 染めた後はしっかりアフターケアなどでフォローしないといけないでしょう。

酸性ヘアマニキュア

アルカリカラーとは違い、髪のキューティクル部分の浅い表面に吸着するように染まるのが酸性ヘアマニキュアです。
髪の表面に色が吸着、コーティングするので仕上がりにトリートメント効果もある「髪を傷めないカラー」の代表とも言えるでしょう。

黒い髪に色はあまり付きませんが、白髪にはちゃんと施術工程をすれば綺麗に色が付きます。
白髪が出てきて困っているが、髪にダメージを当てたくない人はマニキュアがおすすめです。
毎日少しずつシャンプーの度、髪についている色素が目に見えない程抜けて行くのですが、2週間はヘアートリートメントしているかのような美しい髪が保てるのが特徴です。

ホーユー シエロオイルインヘアマニキュアできれいに染めるコツ

今回は「ホーユー シエロオイルインヘアマニキュア」で美しい髪染め上げるコツをお伝えしていきたいと思います。

美しいカラーリングをする為には、いくつかの注意点がありますのでしっかりと把握しておきましょう。中でも一番重要なのは白髪の量、場所をしっかり把握しておくことです。

酸性ヘアマニキュアは白髪の部分にはしっかりと色が付きますが、黒い髪の部分には色が付きません。

例えば、髪全体に茶色のヘアマニキュアをつけたら白髪の部分は茶色になりますが、黒髪の部分は黒のまま変わりません。全部やろうとするかたがいるのですが、白髪があるところを念入りに。黒いところはつけなくてもいいくらいです。

髪の毛は白の画用紙と黒の画用紙のイメージとでも例えると分かりやすいでしょうか。

絵の具で真っ白の画用紙に絵を描くとどうでしょうか?
しっかりと書きたい絵の具の色で白の画用紙に色づける事ができます。
ヘアマニキュアはそれと同じく白髪の所にはどんな色でも色づき、綺麗に表現できます。

しかし黒の画用紙に色を付けたくても黒色が勝ってしまい、色を表現することは出来ないでしょう。 髪の毛も同じく、表面だけに色づける時は黒髪には色は付かないと思っていてくださいね。

シエロオイルインヘアマニキュア色の種類を上手く使い分けるコツ

シエロオイルインヘアマニキュアの種類は6種類

シエロオイルインヘアマニキュアはブラシの間からマニキュアが出てくるタイプになっていて、とても使いやすい構造となっています。そのマニキュアから自分の好きなカラーを選び施術する事になります。

6種類の色は一体どんな物があるかご覧ください。

  • ダークブラウン…こげ茶の様に濃く茶色にしたい方
  • ナチュラルブラウン…茶色でナチュラルにしたい方
  • ライトブラウン…明るめの茶色にしたい方
  • シャイニーブラウン…少し黄みが入ったブラウンにしたい方
  • アッシュブラウン…赤身は無く、くすんだ寒色よりの茶色にしたい方
  • ウォームブラウン…赤身が入った暖色系のブラウンにしたい方

この中から自分の希望を選んで下さいね。

美容師が教えるマニキュアで綺麗に白髪を染める手順

  • 1、 髪の汚れを綺麗にシャンプーで洗う ※この時リンス・トリートメントは表面に油分を付けてしまうのでしないでください!
  • 2、 ドライヤーでしっかりと湿った部分がない様に乾かす
  • 3、 マニキュアが出るつまみをプシュッと押しブラシの間に出す
  • 4、 白髪が多い部分、白髪が気になる部分(顔回りや、こめかみなど)の根本にブラシの先を付け(先には液が付いていない事を確認し)塗る
  • 5、 地肌や顔、耳などに付いたらヘアマニキュアは取れませんので付かない様に髪を流れから逆らってとかすと上手に染まります。
  • 6、 髪全体を逆立てたように染めたらそのまま放置と書かれていますが、ここで上からそっとラップをかけるとより一層保温効果もでてしっかり染まります。 (ラップはぴったりと付けないでください。肌につくとすぐに吸着しとれません)
  • 7、 生え際用のブラシを他に塗布している部分からそっと伸ばす様に生え際まで塗る
  • 8、 10分~15分放置 (20分位置いた方がしっかりと浸透します)
  • 9、 ラップをとり5分程温まった髪の温度を下げましょう
  • 10、 手袋をつけその後シャンプー&リンス

美容室で染めるときって、ラップを頭にかけたり、タオルを巻いて温めたりしませんか?薬はあったかいと効果が強まるのです。ご自宅でも「温める」というのを意識するとよりきれいにしっかり染まるでしょう。

シャンプーする前に髪を触らず、シャワーから出ているお湯の勢いではじめははがすことをおすすめします。(流す時に原液が地肌や顔に付くと取れませんので一度お湯だけで流す感じです)

なるべくしっかり2回シャンプーすると残液がしっかり流れ綺麗に落ちます。

こんな使い方もあるヘアマニキュア

生え際が目立ってきたら

3週間に1度アルカリカラーを美容師で染めている方は是非2週間で1度ヘアマニキュアをすれば、次の美容室までの期間が空くので髪への負担と白髪が出て来たストレスは無くなります

「もう根元に白髪が出て来たけれど、しょっちゅうカラーしたら髪が傷むな~」と思っている方はヘアカラーだけで白髪染めをせず、2週間ぐらいしたら1回ヘアマニキュアをして目立った白髪を染めると、色が長持ちし、髪の痛みも軽減されますので、おすすめします。

お財布に優しい付け替え用

シエロオイルワンヘアマニキュアは中身が無くなっても、全部買い直しせずに付け替え用も販売されています。

新しく又買うと料金も高くなりますが、付け替え用だけで売られているので無くなってもブラシを置いておけば又違う色の付け替えも購入することができお財布に優しい料金設定になっています。

シエロオイルインヘアマニキュアは白髪染めだけではなく髪に素晴らしい効果

シエロオイルインヘアマニキュアにはヘアマニキュア成分と共に「艶成分」・2つの「潤い成分」が配合されています。

  • 1、 アルガンオイル
  • 2、 オリーブオイル
  • 3、 ミネラルオイル 
  • 4、 アミノ酸誘導体
  • 5、 ヒアルロン酸

ヘアマニキュアで白髪を染めるだけではなく、トリートメント効果にも期待できることが人気の秘訣となっております。

シエロオイルインヘアマニキュアを是非試してみて欲しいタイプの方のまとめ

  • 自分の限られた時間で簡単に染めたい方
  • アルカリカラーによって髪にダメージを受けている方
  • すぐに退色してしまう方
  • 白髪が髪全体に広がってきた方
  • 一部分の白髪をメッシュの様に染めたい方
  • 一時的に髪の色を暗くしないといけない方
  • 仕上がりに潤いが欲しい方

白髪染めだけではなく、白髪が無く自分の髪の色が退色によって明るくなってきた方にもマニキュアはおすすめです。

内容成分のいいヘアマニキュアをお探しの方は是非1度「シエロオイルヘアマニキュア」を試してみて下さい。