美容師が教える花王ブローネヘアマニキュアで自宅ケア!

美容師が教える家で自分で白髪ケアをする方法

説明書の通りにやってもあまり染まらないと感じてませんか?

プッシュするだけでブラシの隙間からカラー液が出て来る「ヘアマニキュア」のCMや広告を見たことは誰もがあると思います。
白髪のモデルさんが簡単に染め上げ綺麗に白髪が無くなっているのが羨ましくなりますよね。
本当にあんな風に綺麗に髪に艶を出して白髪が無くなるのか?

染め方手順をしっかりすれば自宅でしっかり染めることができます。 しかし説明を読んでしたのにあんまり染まってないな~と実感されている方が多いのが事実。

今回は現役美容師が自宅でしっかりとヘアマニキュアを使って美しく染め上がる方法をご説明したいと思います。

その前に、ヘアカラーとヘアマニキュアは仕上がりが違う

ヘアマニキュアの特徴をしり違いを分かっていれば失敗しない

お客様のお話を聞いていても、ヘアカラーとヘアマニキュアの違いをよく分かっていないでお使いの方もいらっしゃるのです。髪を染めることは同じでも、この二つは違いますのでまずはその違いを説明しますね。

ヘアカラー

美容室でヘアカラーと言えば、髪の中の成分まで化学反応させしっかり染めるアルカリ剤が入った毛染めになります。
市販でもヘアカラーと書かれている「地肌にもべったり付けて白髪をすべて染める」物がこのタイプです。
どんな色にも髪を染め上げることが出来て1度染めたところは色がしっかり入り持続します。また、ヘアカラーは黒髪を茶色にすることもできます。

ヘアマニキュア

現代の美容室でもまだヘアマニキュアを施術している所はありますが、施術の難しさや時間が少しかかる事、需要が減ってきた事などからメニューに入れている店が減ってきています。

アルカリカラーとは違って、地肌から数ミリは染めることが出来ない事と、カラーの退色がアルカリカラーよりも早めな所があります。しかし成分は髪に負担の少ない「酸性カラー」です。
栄養素を壊すことなく髪の内部に浸透し表面にも吸着してコーティングで染め上げる物なので髪への負担が大幅に減少されます。

また最近流行っているヘアーカラートリートメントはヘアマニキュアとは別物ですがおおまかには同じ酸性の部類です。ただ、ヘアマニキュアは頭皮に付くとかなり色が染まったり、とても濃く手に付くと当分はとれない濃度が高いのにたいし、ヘアカラートリートメントはそこまで濃く染まらず、素手触っても洗えば落ちます。ヘアカラートリートメントもヘアマニキュアも白髪は染まりますが、黒髪は染まりません。

今回ご紹介する、ブローネヘアマニキュアは「酸性カラー」なのでしっかりした手順を元に染めれば2~3週間は色持ちをしてくれる大変便利なものになっています。

自分の白髪の量は把握しておきましょう

ヘアマニキュアを使用する前に、自分は白髪の割合がどの程度なのかを確認しておきましょう。

繰り返しになるのですが、 ヘアマニキュアは白髪の部分はしっかりと思って色に仕上げることが出来ますが、黒い髪の部分には色が付かないと言う事を知っておいてください。つまり、白髪が数本程度の方が使っても効果は感じられないでしょう。

髪の表面に色を付けるカラーだと先程ご説明したので「なんで全体は染まらないの?」と疑問に思われる方が多いので、そちらを詳しくご説明しますね。

イメージは白の画用紙と黒の画用紙

クレヨンで真っ白の画用紙に絵を描くとどうでしょうか? しっかりと色彩表現ができます。
反対に真っ黒の画用紙にクレヨンで絵を描いても上手く色彩表現は出来ないと思います。

ヘアマニキュアはそれと同じく白髪の所にはどんな色でも色づき、黒髪には色が付いていても色彩表現は出来ないと知っておきましょう。

自分の白髪に対しブローネヘアマニキュアの色の種類を上手く使い分けるコツ

ブローネヘアマニキュアの種類には以下の6種

ブローネ公式HPより
  • ナチュラルブラック…黒にしたい方
  • ダークブラウン…こげ茶の様に濃く茶色にしたい方
  • ブラウン…茶色でナチュラルにしたい方
  • ライトブラウン…明るめの茶色にしたい方
  • ディープブラウン…少し赤身が入った深い茶色にしたい方
  • アッシュブラウン…赤身は無く、くすんだ茶色にしたい方

6種類が今店頭で販売されているヘアマニキュアになっています。

買う時に「自分のなりたい色はこれかな~」「明るいのが好きだからライトブラウンかな~」と迷って購入した結果、全然自分の思っている色と違った!なんて事になった方のお話を良く聞きます。

そこで色を選ぶときのコツを美容師目線で説明します

市販のヘアマニキュアを選ぶときは書かれている箱のイメージより1つトーンダウンしたものを選んだ方が上手く染まりやすいです。

例えばライトブラウンで仕上げたいときは「ブラウン」を使用した方が自分のイメージと近いものとなるでしょう。
美容室で染めると染める前にしっかりと髪を洗って汚れを落とし、白髪の多い所から染め加温して又常温で置いて…としっかりと染める下準備などをするものですが、 自分で染めるホームカラーではそんな事をして染める方は少ないと思います。

その為、自宅で染める時は少々色が薄く仕上がったりしがちなので、薬を選ぶときに1トーン深みのある色を選ぶとしあがりが丁度良くなるので是非選ぶときそうして下さいね。

明るい色を選ぶ時はその選び方をおすすめしますが、黒くしたい場合はそのままナチュラルブラックで大丈夫です。

ブローネヘアマニキュアで綺麗に白髪をあおめる手順

1、 髪の汚れを綺麗にシャンプーで洗う ※この時リンス・トリートメントは表面に油分を付けてしまうのでしないでください!
2、 ドライヤーでしっかりと乾かす
3、 ブローネヘアマニキュアをプシュッと押しブラシの間に出て付ける
4、 顔回りや、こめかみなど気になる白髪の部分の根本にブラシの先を付け(先には液が付いていない事を確認し)付ける
5、 地肌や顔、耳などに付いたらヘアマニキュアは取れませんので付かない様に髪を流れから逆らってとかすと上手に染まります。
6、 髪全体を逆立てたように染めたらそのまま放置と書かれていますが、ここで上からそっとラップをかけるとより一層保温効果もでてしっかり染まります。
(ラップはぴったりと付けないでください。肌につきます)
7、 生え際用のブラシで細かい部分を根元から染めると説明に書いてありますが、地肌に色が付きますので気持ち根元をはずして塗った方が綺麗です。
8、 10分~15分放置 (20分位置いた方がしっかりと浸透します)
9、 ラップをとり5分程温まった髪の温度を下げましょう
10、 手袋をつけその後シャンプー&トリートメント

ヘアマニキュアはシャンプーをするたびに表面の色が目に見えない程ですが抜けていきますので真っ白なタオルなどで拭くとタオルに色落ちする場合もありますので気を付けて下さいね。

こんな使い方もあるヘアマニキュア

美容室で明るめの色にしたけれど、一時的に少し色を落としたい場面に出くわした時にヘアマニキュアの「ブラウン」や「ダークブラウン」をすると髪へのダメージが少なく色を付けることが出来ます。

髪全体の色が退色してきたな~白髪が光ってきたな~と思ったら是非ブローネヘアマニキュアでイメージチェンジしてくださいね。

ブローネヘアマニキュアを使うと白髪染めだけではない素晴らしい効果

髪内部のダメージのある部分に海藻エキス・シルクエッセンス・ローヤルゼリーエキスエッセンスが浸透し補修してくれて、その上キューティクルを整えマニキュアコーティングしてくれるので、仕上がりは綺麗に髪に艶を与えてくれます。

つやつやになるのはうれしいですよね。

美容師目線のまとめ

ブローネヘアマニキュアを是非試してみて欲しいタイプの方

以上でブローネヘアマニキュアのご紹介は終わりです。最後に、ヘアマニキュアをお勧めしたい方の特徴を美容師目線でお伝えしますね。

  • ワンプッシュで簡単に染めたい方
  • ヘアカラーの頻度が多く、ダメージを受けている
  • 染めてもすぐに退色してしまう方
  • 白髪が髪全体に出てきた方
  • 一部分の白髪をポイントで染めたい方
  • 仕事や学校で一時的に髪の色を落とさないといけない方
  • 仕上がりが艶々になりたい方

今回の染め方通りに手順を踏まえれば、髪にダメージを与えず、美しい髪に染めることが出来ます。 是非1度試してみて下さいね。