「50の恵・頭皮いたわり ヘアカラートリートメント」の体験レポ

50の恵

しまった!昨日やるつもりだったのに忘れてたって経験ないですか?

1回で染まるヘアカラートリートメントでたどり着いた50の恵

週に何度かお手入れしないとヘアカラートリートメントはなかなか白髪をカバーしてくれません。
そもそもヘアカラートリートメントは染毛剤ではなく、染毛料ですから、染める力は弱くてもしかたないのです。
わかってはいすのですが、忙しくて時間が無くなったり、ついさぼってしまったりしてちょっとお手入れなのに怠ると白髪はすぐに目立ち始めます。

しまった、昨日のお風呂でお手入れするつもりだったのに、と朝出かける前に鏡を見てがっかりすることは何度もありました。

言い訳ばかりしながら、ちょっとした油断が翌朝の残念な姿を招くので、白髪と向き合うと油断はできません。へとへとになるほど忙しいと白髪を見つけたらよけいにへこみます。

そんな時、週1回の使用できれいに染まると言うこの商品には大きな期待を寄せました。
ヘアカラートリートメントがほんとうに1回でしっかりと染めてくれたらお手入れはとても楽になります。

早速使ってみた結果、1回の使用でほんとうに私の白髪をカバーしてくれました。 週に一度のお手入れなら、慌ただしい一週間を過ごしても続けられそうです。

たった1回で白髪がカバーできて、まずは一安心です。

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント の概要

  • 商品名:50の恵頭皮いたわりカラートリートメント
  • 内容量:150g
  • 色展開:3色(ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン)
  • 製造元:ロート製薬
  • 価格:1200円前後(オープン価格)

本当にヘアカラートリートメント?なぜ1回で染まるのか

ヘアカラートリートメントは染める力はヘアカラーと比べると弱いものという認識がありましたが、50の恵みはそのヘアカラートリートメントの弱いところを補えるようにpH調整の独自技術で染料を安定的に配合しているそうです。さすが大手企業ロート製薬!

そのため染毛料ではないのですが1回でしっかり染めてくれるスグレモノ。 さらにジアミンなどの酸化染毛剤を使用していないので髪や頭皮にかかる負担も少ないことも安心できました。これも試してみたいと思った理由です。

毎日使っても頭皮と髪をいたわる成分配合なので、使いやすくて染まりやすいと言っていいでしょう。

50の恵の使用方法

使用方法は濡れた髪でも乾いた髪でも、どちらでも使えます。
シャンプーして水気を切ってからトリートメントするように使ってもよし、ワックスなどがついていないすっぴんの髪なら乾いたままでも使えます。

そのまま5分から10分おいて、洗い流すだけ。シャンプー前ならもちろんシャンプーしてしっかりと洗い流します。髪につけるときは染料がつかないよう、素手を避けてビニール手袋やコームを使ってつけることを推奨されています。
トリートメントをつけたあとは身体につかないように髪をまとめておいたほうがよいようです。肩や背中にトリートメントがついてしまうと着色してしまいます。

染めるときに用意したほうが便利なもの

  • ビニール手袋⇐必須かも
  • コーム
  • シャワーキャップ
  • 肩につかないようにケープ
  • 色がついてもいいタオル

使う時の手順

  • シャンプー後の使用なら水気を丁寧にふき取り、より定着しやすい状態で髪につける。
  • ワックスなどヘアケア剤などがついていない髪なら乾いていてもつけられる。
  • シャワーキャップをかぶって放置時間は長めの10分にすると効果もアップ
  • 1本でショートヘアなら5回分入っているので約一か月のお手入れが目安
  • 乾いた髪に使うと染料が水分で薄くならず定着しやすくなるのでおすすめです。

忙しい人向け!色もちもよく週1回利用で白髪は目立ちません

たった一度のトリートメントで確かに白髪をきれいに隠してくれました。
私は部分的に白髪が多い、という状態なので、そこが染まらなければまったく意味がなくなってしまいます。

でもちゃんと一番気になる部分も白髪がわかりにくくなるほどしっかりと染まっていました。

あとはどのくらいで色あせを感じるのか、お手入れの翌日からシャンプーのたびに確認してみましたが、意外と色あせはせず、ほぼ一週間、毎日のシャンプーを乗り切りました。
一週間のシャンプーで白髪が多い部分にはうっすらと白髪が見えてくるようになるという感じでした。

これなら白髪のお手入れ回数を減らせます。

週に何度か、というお手入れでも忙しい時にはゆっくり時間がとれないこともあり、正直なところ白髪のお手入れに少しくじけてしまいそうでした。

でも週に一度、自分の髪に向き合う時間を持つだけで白髪のお手入れが楽にできる。 これは忙しくても疲れていても助かるな、とほっとしました。

しかも髪にやさしい海藻の成分が配合されているのでトリートメント効果が高く、使った後の髪はさらっとしているけどしっとりしています。 海藻のような香りがほんのりとしているのも私はすきになり気に入っています。 年齢を重ねると髪も疲労やストレスのダメージが大きくなるようで、乾燥しやすくもなっています。

加齢で弱りきった髪をトリートメントしていたわってくれる、ことが使ってみるとわかりました。

50の恵の弱点は手も染まりすぎるので素手では使えない

他社のヘアカラートリートメントは素手でもすぐ落ちます。

使っていて気になったことはその着色力の強さゆえのこと。
素手で使ってしまうと指先に着色してしまうのでやはりお手入れの際にコームや手袋は必ず使うようになりました。

手についてもボディソープなどで洗うと落ちるのですが、うっかり目立つところについてしまうと簡単には取れにくいため気になります。額についてしまい、数日くらいはしばらく色がついているのがわかりました。

注意書きにもありますが、衣類やタオルに着色することも要注意です。 布についてしまうと落ちない、とはその通りで、洗っても簡単には落ちません。何度も洗っていくうちに薄くなってくれたかな、というくらいです。

トリートメントを使った後で拭きとりに使っているタオルについてしまった染料はきれいに落ちることはありませんでした。下着や服についてしまったらけっこうショックです。そのため使うときはかなり気をつけるようにしています。タオルは染毛用に汚れてもいいものを一つ用意したほうがいいでしょうね。

メリットの裏返しはデメリットですね。

50の恵頭皮いたわりヘアカラートリートメントを使ってみて

ヘアカラートリートメント使い慣れた人ほど使ってみたら感動すると思う

白髪は毎日増えていくものと分かっているので、できれば楽に続けられるお手入れをしたい。 だから一度でキレイに仕上げてくれるヘアカラートリートメントはありがたい存在です。

週に一度のお手入れならこれからも長く続けていけそうなペース。

50の恵頭皮いたわりヘアカラートリートメントはものすごくいいと個人的に感じたのですが、長所の裏返しかもしれませんが弱点は肌も染まるし、使い方が難しいかもしれません。すでに他社のヘアカラートリートメントを使って使い方は慣れていて、もっと回数を減らしたいなと思っている方には向いているのではないでしょうか。

衣類やタオルにつかないように、じゅうぶん注意して使うことで、気持ちよくお手入れもできます。

髪にやさしい海藻成分でトリートメントしながら、きっちり染める力も強いから色持ちもよい、とまさに三拍子そろった50の恵みは白髪が増え始めたらとても助かるアイテムと言えます。

忙しくてもきれいな髪でいられるように、ヘアトリートメントの強みを活かした時短戦術を使って年齢を重ねても自由におしゃれを楽しみたいものです。