白髪を抜くメリットって何?デメリットも含めて美容師が解説しました

ダメージヘア、毛先 ノウハウ

たった一本だけ白髪がある!

抜いちゃえと思ったらちょっと待って

自分の髪の毛に白髪を発見した瞬間はショックな気持ちがありますよね?
その瞬間、思わず抜きたくなってしまう心境になります。その気持ちすごくわかります。

普段美容師としてサロンワークをしていると、白髪を発見すると抜いているという声を多く耳にします。

全体的に白髪が増えてくれば、気になりますから白髪染めを行う方が多いと思います。

しかし数えられるほどで数本の白髪は、抜いてしまってもいいかな?と思ってしまいますよね。今回は思わず抜いてしまいたくなる白髪の、白髪を抜くメリット、デメリットや対処法を詳しく解説いたします。

白髪が生えてくるメカニズム

30代半ばくらいから生えてくる方の多い白髪。主な要因は加齢や遺伝的な要素が多いと言われています。

日本人の素髪は黒色の場合が大半になりますが、加齢や遺伝的な要因から黒の成分であるメラニン色素の生成する働きが衰えてきます。そのことにより、だんだんとメラニン色素を生成できなくなった毛根が黒髪から白髪への変化していくことになります。

基本的には1度白髪が生えてくるようになった毛根からは切っても抜いても白い毛が生え続ける事になります。

また、加齢や遺伝的な要素以外に、生活習慣の乱れにより白髪が生えてくる場合もあります。

特に、食生活と睡眠が要因として大きく結びついている場合が多いです。生活習慣の乱れにより白髪が生えてきている場合に関しては。改善する事により1度白髪が生えてきた毛根から再び黒髪が生えてくる場合もあります。

以上の白髪が生えてくる要因を踏まえて、白髪を抜くことにメリットはあるのか詳しく解説していきます。

白髪を抜くメリットはほとんどない

毛先

まず初めに、白髪を抜く事は美容師として絶対的にオススメしたくない白髪ケアの方法になります。

白髪を抜くことのメリットは簡単で手軽という部分のみだと感じます。当然のことながら、髪の毛を抜くという行為は痛みが伴います。

「痛みに耐えられるのならば抜いてもいいのでは?」その様に感じる方もいらっしゃると思います。

しかし、痛み以外にも白髪を抜くことによって大きなマイナスのデメリットもあるのです。

白髪を抜くデメリット

一見、1つの毛根から1本の髪が生えている様に見えますよね?しかし、実は1つの毛根からはこれから生えてくる産毛のような赤ちゃんの毛も含めて数本生えていると言われています。

人間の髪は、毛髪サイクルとしてある一定の周期で髪の毛が抜けて生え変わります。

その毛髪サイクルにより毛が抜けますが、同じ毛根から生えている赤ちゃんの毛は抜け落ちずに成長していきます。これが毛髪のサイクルです。

よく、不規則な生活続けたことにより、抜け毛や薄毛になってしまうというケースがあります。これは、生活習慣の乱れにより正常な毛髪のサイクルが行われなくなったことから、抜け落ちた際に次の毛が再生するスピードが劣りえたりしていることによるものです。

それだけ、この毛髪のサイクルというものは大切なものであると考えます。

白髪を抜くのを続けるとどうなるか

トリートメント後

先ほど述べたように、自分では1本の白髪を抜いたつもりでいても赤ちゃんの毛も含めると1度で数本抜いていることになります。

毛髪サイクルに逆らい抜くことにより、その毛根のサイクルがくるっていきます。

また、抜くという行為によって毛根を傷つけ、最悪の場合その毛根からは髪の毛が生えてこなくなるケースもあります。

「ちょっと抜いちゃおうかな?」と思ったことが、白髪を無くすどころか薄毛になってしまうなんて恐ろしいですよね。

メリットと比較するとデメリットのリスクの方が非常に高くなっています。
それでは、気になってきた少ない白髪の対処法としてメリットの高い方法はどんなものがあるのでしょうか?

生えてきた少ない白髪のオススメの対処法

①根本からカットする

白髪の毛根

先ほど述べたように、抜くという行為はメリットの少ない方法です。

抜くのであれば根本ギリギリからカットする方法ですと頭皮を痛めることが無くオススメの方法です。

特お金はかからず手軽に行える方法ですが、ギリギリでカットした白髪も当然また生えてきます。既に白髪がある方はご存じかもしれませんが、白髪の毛は他の黒髪よりもハリコシ感があり短い状態ですとピンと立って存在感を感じやすいです。

その為、伸びてきた際にマメにカットする必要があります。
また、後ろの見えない部分は自分では難しい為、ご家族の方や美容室でカットをする際にカットしてもらう方法がおススメです。

やり方はとても簡単です。白髪をつまんで根本ギリギリからハサミでカットしましょう。その際に周りの毛は切らないように気を付けましょう。

②カラーリングで対処をする

美容室、ヘアカラー

カラーリングで白髪を対処する方法はいくつか種類がございます。ご自身が求めるレベル(どれだけ白髪を目立たなくするか)やライフスタイルや体質によっても異なってきます。

白髪染め

通常の白髪染めの場合、明るさにもよりますが白髪をしっかりと染める効果があります。白髪を完全になくしたいという方にはメリットの高い方法です。
デメリットとして、しっかりと染色する事により新生部が伸びてきた際の境目が目立ちやすい所です。

明るめのファッションカラーをする

いままでファッションカラーを行ってきた方は取り入れやすい方法だと思います。

ベースの髪色を明るくすることにより白髪との陰影を持たせにくくするメリットがあります。一方で、今まで黒髪だった方などは少し抵抗があるかもしれません。 

ハイライトを入れる

ハイライトとは、明るい色味を筋状にホイルワークで入れていきます。筋状の明るいハイライトが白髪を、分散して馴染ませて見せてくれる効果があります。

また、伸びてきた際にも、黒髪も白髪も境目が目立ちにくくカラーリングをマメに行わなくても綺麗な状態を保ちやすい点がメリットです。

ハイライトはブリーチを使用する場合が多く、しっかりケアをしないとダメージに繋がりやすい点に注意が必要です。

カラートリートメントを使用する

自宅で簡単に使用できる点から人気の高いカラートリートメントです。

ダメージレスでアレルギー反応を起こしにくい染料を使用している点が高いメリットだと思います。

基本的に黒髪部分に染色反応を起こさない為、明るく白髪を染めたい方には向かないかもしれません。(メカニズムや効果等はヘアマニキュアも類似している物になります)

白髪は抜いちゃダメ!

白髪は切るか染めるようにしましょう

以上が、白髪を抜くメリット、デメリットや対処法についての解説でした。
簡単に出来る事から、ついつい行ってしまう白髪を「抜く」という方法です。

しかし抜く方法はデメリットも多く非常に危険な方法になります。そのまましておくには気になってしまう存在感のあるのが白髪です。

オススメの対処法の中から、ご自身のライフスタイルや求める仕上がりに合わせて選択してみて下さいね。