現役の美容師がおすすめ!

白髪染めトリートメントのランキング

白髪染めトリートメント

ヘアカラートリートメント「利尻昆布」は染まらないって本当?

利尻カラー 商品レポ

売上日本一⁉無添加、自然派ヘアカラートリートメント「利尻昆布」を使ってみた

「昆布の美容成分をたっぷり配合した無添加カラートリートメント」

産後から白髪が少しずつ増えてきてからというもの、私はいくつかのヘアカラートリートメントを試してきました。

本当は美容院できれいに仕上げてもらえればそれが一番いいのですが、育児に家事にと主婦は大忙し。

たまに美容院に行っても、「白髪染めをしている時間があるなら早く家に帰ってやることをやっておきたい」と考えてしまうのは、もはや主婦の運命なのかもしれません。

さて、自宅でヘアカラートリートメントを試すようになってからというもの、「あれ?わざわざ美容院で白髪染めしてもらう必要なんてないんじゃない?」と思えるくらいには、コンプレックスだった白髪とうまく付き合えるようになりました。

最初はお試し感覚で安価なものから始め、それから少しずつグレードアップ。やっぱり安い商品よりそこそこ値の張る商品の方が「高いだけあるな」と感じるメリットが多いように思います。

そんなわけで、今回はずっと気になっていた「利尻昆布」をついに購入してみました!

ご存知有名カラートリートメント利尻昆布を買ってみた

まるで食品のような商品名です(笑)

ズバリ「天然利尻昆布エキスをぜいたくに配合した、美容成分たっぷりのヘアカラートリートメント」とのこと。確かに海藻は毛髪にいいと聞きますが、高級な天然利尻昆布をヘアトリートメントに使っちゃうなんて……‼

どのくらい効果の高い商品なのか気になります。

これまでのヘアカラートリートメントへの不満

ヘアカラートリートメントを使い始めのうちは、こんな不具合がありました。

  • 染めた白髪がキラキラして目立ってしまった
  • トリートメントの強すぎる香りが気になった
  • トリートメント効果が強くて髪の毛がごわごわして自分の髪質に合わなかった

ということもありました。

商品のグレードを上げていくにつれてそうした不満は徐々に解消されていき、最終的にはほとんど不満なく使えるようになりました。

でも、そうなってくると人間、欲が出てくるんですよね。

  • 「もっと美容効果が高いものはないかな……?」
  • 「添加物ができるだけ少ないものがいいな……」
  • 「天然志向がいいな……」

そんなわけで、これらの願望にぴったり応える「利尻昆布」は、私にとってずっと気になる商品だったのです。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、天然利尻昆布エキスを贅沢に配合したヘアカラートリートメントです。

昆布のほかアルニカやセンブリ、フユボダイジュ、ボタン、オクラなど計28種の植物成分を配合しており、豊富な美容成分が髪と頭皮にツヤと潤いを与えます。さらにノンシリコーンで香料も添加されていないため、においに敏感な人も使いやすいのが特徴です。

使用前には48時間のパッチテストが推奨されています。パッチテストは、二の腕の内側に水で溶いたヘアカラートリートメントを10円硬貨大に薄く塗り、乾かしてから48時間放置するだけ。かゆみや赤みなど、お肌に何の異常もなければパッチテストはクリアです。

使い方も一般的なヘアカラートリートメントと同じで、こちらの商品はぬれた髪、乾いた髪のどちらにも使えます

ほかのヘアカラートリートメントと少し違うのは、一般的にはコームなどでしっかり馴染ませるやり方が推奨されていますが、こちらは手でしっかり全体に揉み込む方法が推奨されているところでしょうか。

昆布の天然成分をしっかり髪の毛に補給したいですね!

利尻ヘアカラートリートメントを使ってみた!

ヘアカラートリートメントにはさまざまなグレードがあります。

中には1,000円以内で買えちゃうお手軽なものもありますが、お値段はそれこそピンキリ。

利尻ヘアカラートリートメントは、どちらかというと高級品の類かと思います。お値段的には3,000円超といったところですので、購入には少し勇気がいりました。

でも、このくらいのグレードならもしかすると、これまで使ってきたヘアカラートリートメントの中で一番使い心地がいいかもしれません。期待が高まります!

利尻昆布の栄養エキスを髪の毛にたっぷり補給!

それではいよいよ、利尻ヘアカラートリートメントを実際に使った一部始終を公開します!

まずパッケージを開けると、出てくるのが商品本体のチューブ。あれ?説明書がない……と思ったら、パッケージの内側が説明書になっているという仕組みでした。

ミシン目があるの手で簡単に開けます。確かにこれなら紙資源にムダが出ませんね!意外なところで感心してしまった私。

直接手で塗ろうかビニール手袋を使おうか迷ったので、クリームをほんの少しだけ指につけて流してみたところ、意外と落ちない……!クリームが皮膚に付着してすぐにしっかり洗えば落ちますが、どうも今まで使ってきたヘアカラートリートメントよりも落ちにくい……。つまりそれだけ染め力が高いということでは……!

というわけで、ビニール手袋を使うことにしました。皆さんにも手袋を使うのをオススメします。これはきっと、長らく手などに付着すると落ちにくくなるタイプのような気がする……。

現在の白髪

さて、ヘアカラートリートメントを施す前の私の髪の毛の状態をお見せしておきますね。まずはおでこの上の前髪です。

白髪~いやだぁぁぁ泣

実はこれまで側頭部の白髪がひどくて、そっちばかりに目がいってしまっていました。そんなわけで側頭部は今もある程度色を保っているのですが、前髪は死角だったためこの通り……。今回は前髪もしっかり染めていきたいと思います。

右側頭部も少しカラーが落ちてきて、うっすら茶色くなってきました。白髪はほとんど目立ちませんが、色むらがやや気になります。利尻の色でしっかり染め上げたいです。

こちらは左側頭部。白髪がもっともひどかった場所です。もっともひどかったから一番手をかけた結果、今、一番きれいです(笑)。

一応こちらにも昆布を塗りこむ予定です。

利尻カラートリートメントを塗ってみる

1日目

では、ピンポン玉程度の大きさにクリームを手に取ってみます。まずにおいはほとんどしません。クリームに鼻を近づけてかいでみてもほとんど無臭!これは、においに敏感な私にとってかなり好印象です。

そしてクリームの感触ですが、クリームというよりはクレイっぽい重めのテクスチャーで、かなり濃厚な印象です。

髪の毛に塗ってみるとクリームが髪にまとわりつくような感覚がありましたが、意外と伸びがよく、かなり使いやすい手応え。

塗った感触はこれまで使ってきたヘアカラートリートメントよりもやはり重いですが、使い心地はなんら遜色はありません。

セルフヘアカラートリートメントもずいぶん手慣れたものです。機械的に作業を終え、20分ほど放置してからシャワーで洗い流しました。

シャワーで洗い流したときに思ったのですが、利尻ヘアカラートリートメントは、ほかのそれよりも染め力が強いように感じました。

シャワーで流れていく染料の量が多いような気が……いえ、たぶん気のせいじゃないです。これまでの商品と違い、利尻はシャワーで洗い流したあと、バスルームの床などに色が残るので周りをスポンジなどで掃除するレベル。これ、もしかすると染め力が本当に桁違いに高い可能性があります……。

というわけで、染めた後の前髪です!どうだ!

すごい!美しい染まり方だ……。

少し染め残しがありますが、写真を見ていただくとわかる通り、「キラキラがいっさいない」んです。とても自然な仕上がりで、茶色くなっている部分もありません。なるほど、これは染め力が桁違いです。

そしてトリートメント効果ですが、こちらもすごく自然。髪の毛がごわごわすることもなく、変にサラサラし過ぎることもなく、本当にしっとりごく自然なツヤが戻る感じ。

2日目

2日目、同じ要領で利尻を使いました。今度はしっかり全体を揉み込むように、利尻昆布のエキスを髪の毛にたくさん与えるつもりで揉み込みました。

利尻2日目

ゴワゴワせずきれいにまとまります。

3日目

3日目も同じです。今回は一度もコームを使いませんでした。結果、全体がとても美しく染め上がり、本当に自然な仕上がりになりました。

まだ染め残しがあるので、1週間ほどは続けていこうと思います。とにかく染め力が高いので、1週間しっかりやれば、かなりいい感じに仕上がるはず。

現時点でもかなり満足しており、満足度はトップ2に入ります。

利尻カラートリートメントの感想

染まる力がとにかく高い

利尻ヘアカラートリートメントは、とにかく染め力が高いです!

ただ染まるだけでなく、自然な仕上がりになるというのがポイント。ちょっとびっくりです。

染め力が高いのでコームでていねいに馴染ませる必要がなく、手でわしゃわしゃ揉み込むだけで十分染まるのがうれしいですね。

トリートメント効果は、自然過ぎて逆にわからないくらい。ただ、まとまりのよさを見ると縁の下の力持ち的に確かな効果をもたらしてくれているのがわかります。さすがのお値段。不満点がありません!

これまでサロンドプロ、テンスターヘナ、50の恵、LPLPなど使ってみました。それぞれ体験談もあるのでよかったら読んでください!