現役の美容師がおすすめ!

白髪染めトリートメントのランキング

白髪染めトリートメント

白髪染めはリタッチ(部分染め)の方がいいって本当?セルフで部分染めするコツ

カラーリング、ヘアカラー、ダッカール 自宅でセルフケア

毎月美容室で白髪染めは無理となった方へ

セルフカラーのリタッチ(部分染め)を美容師が解説

年齢とともに気になってくる白髪。

染めるのと染めないのではかなり印象が違ってくる分、やはり白髪染めをする人は多いです。
しかし毎月のように白髪染めしていると、こんなに頻繁に染めても大丈夫なのだろうかと気になる方も多いようです。

最近は2~3か月に1度サロンで白髪染めをして、その間は自宅でセルフカラーをする人も増えています。
今回はそんな白髪染めのリタッチ(部分染め)についてお話していきます。

また、セルフでの上手なリタッチ染めのコツについても解説していきたいと思います。

白髪はどのくらいの速度で伸びるのか

生え際白髪

気が付くともうすでに伸びている根元の白髪部分。

いったいどのくらいのペースで伸びているものなのでしょうか。一般的には遅く伸びる人でも1ヶ月に1センチ、早い人で2センチ近く伸びると言われています。

しかし顔まわりや髪の生え際部分は、もっと白髪が伸びるのが早く感じると思う人も多いでしょう。

これは毎日のメイク落としクレンジングなどで、染めた部分がどうしても落ちやすいためです。ですから、自分から一番見えやすいフェイスラインの白髪は、最も早く気になりやすいと言えます。

白髪染めをする平均的な頻度とは

美容室、カラーリング、アルカリカラー

白髪は1か月で約1センチ以上伸びることは分かりましたが、どのくらい伸びてきたら染め直ししたらいいのでしょうか。

ここは全体的な白髪量であったり、どのくらい本人が気にしているかで、かなり個人差が大きいところです。

白髪がさほど多くない人だと2~3か月以内に1回染めるくらい、白髪が多くなってくると月1で染める人が多くなります。

美容室で言うと、2回か3回に1度は全体を染め直して、それ以外は伸びてきた根元のリタッチ染めをする人が多いです。

白髪染めはリタッチ(根元のみ)がいい理由

アルカリカラー、カラーリング

白髪染めはリタッチ染め(根元の新しく生えてきた髪だけ染めること)をうまく活用することが重要です。
なぜなら、リタッチで染めることには次のようなメリットがあるからです。

髪ダメージを最小限におさえることができる

まず頻繁に染める人にとって、どうしても気になるのが髪へのダメージです。毎月のように染めるのならば、少なからずダメージも蓄積しやすいものです。

結局のところ、白髪が伸びてきた時、気になるのは新しく出てきた白髪の部分です。
その他の中間から毛先の白髪はすでに染まっており、1か月程度では退色しないので、ほとんどの場合は気にならないはずです。

ですから毛先まで毎回染める必要はないのです。根元以外は薬剤をつけない=ダメージ最小限というわけです。

必要以上に髪全体が暗くなるのを防ぐことができる
毛先

もうひとつ重要な理由がこれです。
白髪染め特有の現象なのですが、染める回数が増えるたびに、毛先の方だけがどんどん暗くなっていくことがあります。

これは白髪が多くなればなるほど、暗い色で染める頻度が高くなればなるほど、起こりやすくなります。毎回暗めの全体染めを続けたとしましょう。

根元はその都度新しく生えてきた白髪を染めるわけですが、中間~毛先は前回分の染まった色に重ねて今回分の色素を追加することになります。

それが毎月行われるとすると、毛先は何回も何回も濃い色素を足し続けることになります

その結果、濃い茶色が黒っぽくなり、黒色で染めているわけではないのに毛先に行くにつれて黒っぽくなってしまうのです。そうすると根元の色と変な差が生じることになり、違和感のある髪色になってしまいます。

この白髪染め特有の失敗を防ぐ方法が、リタッチ染めなのです。毛先まで染める時と染めない時を調整して、必要以上に暗くなるのを防ぐのです。

セルフリタッチカラーの3つのポイント

1.カラー剤選びのポイント

市販のカラー剤の中でも部分染めに適しているものと、あまり適していないものがあります。

部分染めに適しているのは、こってりとした質感のクリーム状のカラー剤です。また、部分染めは少ししか薬剤を使わないこともあるので、余った分を保存できる使い切りじゃないカラー剤の方がコスパもよいでしょう。

逆に、適していないものは泡タイプのカラー剤や、テクスチャーが乳液のように水っぽいカラー剤です。根元だけにカラー剤をとどめておきたいのに、薬剤が柔らかいと毛先の方まで流れ落ちてきてしまいます。

2.塗布の時のポイント

セルフカラー

是非マスターしてほしい白髪のリタッチ染めですが、慣れるまでは少し難しいかもしれません。
そこで今回はセルフの際のポイントをまとめました。

  • 根元を細かく分けて地肌を露出させ、薬剤をためるように塗る
  • 顔周りやもみあげなど、白髪が多い箇所からスタートする
  • 薬剤をケチらずたっぷり使う
  • コーミングしすぎない(ブラシでとかすこと。薬剤が分散してしまう)

白髪染めのリタッチは、とにかく根元にどれだけ薬剤を溜めることができるかが重要です。

塗布量が少ないと薬がついていても染まりが薄くなりますし、もちろんついていなければ全く染まりません。フェイスラインは最も落ちやすい部分なので、一番はじめに塗り始めましょう。

3.放置中のポイント

  • 放置する前に再度フェイスラインに薬剤をのせてコットン等で押さえる
  • 乾燥している時はラップをして放置
  • 放置時間はオーバーしすぎない

顔周りは1~2センチの短い毛が多いので、コットン等で押さえつけてあげましょう。短い毛はそのまま放置すると、時間とともにぴょんと飛び出て、根元に溜めた薬剤をはじいて染まらなかったという失敗につながります。

カラー剤は乾燥しすぎると染まるパワーが落ちてしまうので、ラップをするとよいでしょう。どちらかと言うとラップは乾燥を防ぐためで、コットンを貼るのは短い毛をおさえるためです。

ラップでおさえられる毛はある程度の長さがないとだめで、顔まわりのうぶ毛の様な1.2センチの毛は必ず立って薬剤をはじきます。顔周りは自分で抜いちゃう人も多く、たいてい伸び途中の1.2センチの短い毛が染まりません(特に毛の先端部分)

また放置時間は長ければ長いほど染まるわけではありません。一定の時間が過ぎると薬剤反応は終わりますので、規定時間を超えて放置しすぎないようにしてください。

まとめ

キレイな髪のためにリタッチはおすすめ

いかがでしょうか。
リタッチ染めをうまく活用することで、白髪染めともストレスが少なく付き合っていけるのではないでしょうか。

是非参考にしてみてください。