髪をいたわりながら染めるカラートリートメント

シャンプーの後のヘアケアで手軽に髪を染める

ヘアケアも叶えてお洒落な髪色も手に入るヘアカラートリートメント

私は、仕事柄人前に出ることが多いので、髪を染めた時は根元が黒くなる前に、美容室へ髪色のメンテナンスに月に1回のペースで行っています。そのため、カラーリングによる髪へのダメージに悩まされることも珍しくありません。最近では乾燥によるダメージもプラスされ、髪色を暗くしてもすぐに明るくなったりと、せっかく綺麗にした髪色が長く続いてくれません。

そんな同じような悩みを抱えている人は、実は多いのではないでしょうか。髪へのダメージもなく、素敵な髪色が長持ちするようなカラーリングの方法があると知りたいと思いませんか。

カラーリングの方法も進化し、最近では普段のトリートメントを同じ感覚で髪を染める画期的な方法があります。それが、カラートリートメントなんです。次からカラートリートメントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

髪をケアしダメージを抑えるカラーリング

髪に優しいカラートリートメントとは?

髪をしっかりヘアしながら髪色を変更できるカラートリートメントとは、いったいどんなものなのでしょうか?カラートリートメントとは、普段のヘアケアと同様に、髪をしっかりとケアしながら、髪の色を染めていく方法です。

薬剤を髪の内側までしっかりと浸透させるために、キューティクルを剥がしながらカラーリングを行うヘアカラーと違い、髪の表面に色をつけていくカラートリートメントは、髪へのダメージを抑えながら、おしゃれな髪色にする事ができます。

カラートリートメントは、美容院でも使用する事が出来ますが、最近では市販のものを種類が増えてきたので、自宅でも手軽に使用する事が出来ます。また、白髪用のカラートリートメントもあるので、白髪でお悩みの方も利用できます。

美容院と市販のカラートリートメントの違い

ドラッグストアのヘアカラートリートメント

カラートリートメントは、美容院ではもちろん市販で売られているものでも使用することができます。美容院のカラートリートメントと市販のカラートリートメントの大きな違いは、「使用している薬剤」・「仕上がり」・「価格」です。

美容院を利用する場合は、より髪に栄養を与えてくれる薬剤が使用されたカラートリートメントを、プロの手によって綺麗に髪に色をつけることができますが、市販で販売されたカラートリートメントを、自宅でセルフカラーするよりも当然ですが費用がかかってきます。   

ダメージが少ない事だけ?カラートリートメントのメリット

洗えば落ちます。

カラートリートメントは、その名の通りトリートメントをしながら、髪に色を入れて行くことができるため、髪への負担がないメリットがあります。そのため、ヘアカラーによるダメージが気になる人には、嬉しいアイテムとなります。

また、カラートリートメントを使用することで、染めた髪色が落ちにくくなり、お気に入りの髪色を長く保つことができます。自宅でヘアカラーを行う際は、薬剤が手についたり薬剤の匂いが気になる人も多いと思いますが、カラートリートメントなら、手への色うつりもなく、匂いも気になりません。

セルフカラーをするときの起きがちな失敗や悩みも、カラートリートメントなら心配がいらないので、自分で手軽に行うことができ、忙しくて美容室に行く時間がなくても、自宅でおしゃれな髪色を保つことができます。

染まりにくい?カラートリートメントのデメリット

カラートリートメントは、髪の表面に色をつける特徴があるため、髪へのダメージがない反面、髪の内側まで色が浸透しにくい特徴があります。そのため、個人差がありますが、使用後すぐに色が変わったと実感できない場合もあります。

また、髪の表面に色をつけていくカラートリートメントは、黒髪にはカラー剤が反応しにくいため、髪色が変わったと実感することができません。暗い髪色の人でカラートリートメントを使用される際は、数回に渡って繰り返し使用することで、徐々に髪色が変わったと感じることができます。

手への色うつりの心配はありませんが、しっかりと洗い流さないと衣服に色がついてしまう可能性もあるので、しっかりと洗い流すことも忘れないようにしましょう。

こんな人におすすめのカラーリング「カラートリートメント」

毛先の退色が緩和されます。

カラートリートメントは、髪の表面に色をつける特徴があるため、明るい髪色であれば綺麗に色をつけることができます。

自宅でも簡単にできるので、カラーリングの色持ちをよくしたい人の普段のヘアカラーのメンテナンスとして使用すると、綺麗な髪色が長持ちするのでおすすめです。

また、髪へのダメージもないカラーリングの方法なので、ヘアカラーやパーマなどで、髪への度重なるダメージが気になる方へもおすすめのカラーリング方法です。

白髪の部分にも使用することができるカラートリートメントは、白髪でお悩みの方にもおすすめのカラーリングです。自宅でも簡単に髪のケアを行いながら使うことができるので、忙しくて美容院にいく時間がない方や、根元部分のみのカラーリングを希望される方も、手間や時間もかからず、経済的にカラーリングできるのでおすすめです。

気になるカラートリートメントにかかる費用とは?

髪へのダメージが少ない、魅力的なカラーリング方法のカラートリートメントですが、気になる費用面はどんなものなのでしょうか。

美容院でカラートリートメントを行う際は、お店によっても異なりますが、ヘアカラーと同様の金額に設定されているものから、髪へより良い効果が期待できる薬剤を含んでいる場合は、ヘアカラーよりもやや高めに設定しているお店が多いようです。

市販のカラートリートメントも幅位広い価格帯のものがありますが、1,000円台〜3,000円台で購入できます。カラートリートメントは、普段使用しているトリートメントの感覚で手軽に使用できるので、経済的に抑えたい人は、市販のカラートリートメントを使用するといいでしょう。

ヘアカラートリートメントのまとめ

髪がきれいになるのでおすすめ

今回は、髪をケアしながら髪色を染める事ができる、カラートリートメントを紹介しましたがいかがでしたか。

髪へのダメージが少ないと、きれいな髪色を長持ちさせる事が出来ます。カラーリングによるダメージが気になっている方は、髪への負担を減らし、おしゃれも手に入れる事ができる、カラートリートメントを一度試してみてはいかがでしょうか。

少ないと、カラーリングの色持ちもよくなります。髪へのダメージを少なくしながら、おしゃれな髪色を手に入れることができるので、カラーリングによるダメージにお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

★参照ページ