白髪をアッシュにするならカラートリートメントがおすすめな理由

白髪とアッシュカラーの相性が良い理由とは…?

カラートリートメントで人気のアッシュ色にできる白髪ケア

白髪が目立ってくると、老け込んで見えるし、見た目もだらしないイメージになってしまいがち…。だけどキレイに染めても、すぐに生え際が目立ってくるので、いい加減うんざりしている人も多いと思います。そんな人におすすめなのが白髪をカバーできるヘアカラートリートメント。その中でも今、アッシュカラーが注目を集めています。今回はその理由とおすすめのメーカーについてご紹介します。

白髪が目立ちにくいのがアッシュの良さ!バリエーションも無限!

くすんだ灰色のニュアンスを加えることでミステリアスな雰囲気に

アッシュカラーとは、アッシュは英語で「ash」=灰色という意味を持っています。黄色みが強い茶色や、赤みが強い茶色よりも、外国人の地毛っぽくおしゃれっぽいブラウンです。

ロングヘアでも透けた感じで重くなりません。黄みが強い茶色のようにけばけばしい印象もなく、いつも着ている服の色が似合わなくなるという心配もありません。

ただ、もともと黒い髪の方がアッシュカラーにするのは難しいと言われており、元の色素を抜いてからではないと染まらない場合が多いと言われております。

カラートリートメントで白髪を染めるのにアッシュ色が良い理由

繰り返しになるのですが、真っ黒な方がアッシュカラーにするのは難しいのです。

一方、白髪やブリーチなど、色素が抜けている髪にのせることで効力を発揮しやすいのが、カラートリートメント。しかもアッシュ色は白髪のニュアンスと相性が良いため、最近はアッシュ系のカラートリートメントで白髪対策をする人が増えています。

白髪だからこそやりやすい髪色なのです。また、黒に染めてしまうと、白髪が生えてきた部分が目立つのですが、アッシュカラーの方が新しい白髪との境目は目立ちにくいでしょう。

白髪と黒髪の量によっては、メッシュの入ったオシャレな印象に

白髪量の多い箇所に差がある人は、髪の毛に明るめのハイライトが入ったようなメッシュ(部分染め)のような仕上がりになる場合もあります。

もしも髪全体をむらなくアッシュ系に染めたいという場合は、一旦、美容室で全体的に明るい髪にする必要があるかもしれません。 だけど、そこまでではなく、今の白髪も生かしながら、ご自宅で白髪ケアしたい方はそこまでせず、部分的に染まるのも楽しんでみませんか。メッシュが入ったニュアンスがカッコよく決まるのもアッシュカラーの特徴。

特に長髪ヘアにメッシュが入ると、欧米人の髪のようなふんわりとした印象になるので、均一じゃないのも楽しんでみてはいかがでしょうか。

パサつきやすい白髪ケアにも効果的なカラートリートメント

白髪は黒髪より、ゴワゴワしてパサつきやすいですよね。それに、白髪染めのダメージもくわわるとどんどんパサついてきます。

ヘアカラートリートメントは髪をいたわりながら染めれるのでツヤも失われにくいのです。

いろんなカラーを混ぜてオリジナリティを出せる!

ヘアカラートリートメントは「この色は似合わないな」と仕上がりが不満になるほど、はっきりと1回で色が付くわけではありません。なんども重ねていって、色に深みが出てきます。さらにカラートリートメントは交互に染めることで、仕上がり色のイメージを変えられます。

週に2~3回程度利用する方が多いのですが、毎回アッシュ系ではなく、たまにブラックを使って色の濃さを調整することもできるのです。また、今はブラウン系やブラック系を使っているという方も、アッシュ系を試してみたいという場合は重ねて使うことができます。

白髪をアッシュカラーに!おすすめのカラートリートメント

(1)エルコス キュプアスカラーバター

エルコス社の製品で色数が豊富。全部で20色あります。
そのうち4色が白髪に特化した濃い色(コンク)タイプで、アッシュカラーを目指すなら「アッシュブラウン」 がおすすめです。

キュプアスとはアマゾンに自生する植物の事。このキュプアスに含まれる油分は30度で溶け非常に浸透しやすいと考えられております。

(2)サロンドプロカラートリートメント

テレビでも有名な白髪ケアの市販メーカーのひとつ。4色のうちアッシュ系のニュアンスに染まるの・アッシュブラウン です。

メーカー推奨のトリートメントの放置時間が5分というのもポイント。椿オイルやローヤルゼリーエキスのほか、水溶性コラーゲンや加水分解コラーゲンなど6種類のトリートメント成分が配合され、髪のエイジングを目指したカラートリートメントです。

実際に私は使ったことがありません。安いし本当に染まるのかな?ただ、ヘアカラートリートメント初心者には試しやすいのではないでしょうか。

(3)アンナドンナ エブリ カラートリートメント

こちらは白髪にも使えますが、ヘアカラー後に色が退色して明るくなりすぎたときに使える若い方もお使いのカラートリートメントです。10種類あるカラー全てが、くすんだ色合いになっているのでアッシュっぽい仕上がりになります。

「アッシュ」という色があるわけではないのですが、特にブルーやグレー、グリーンはアッシュっぽい仕上がりです。種類が豊富なので混ぜ合わせることでオリジナルの色を配合できるほか、500円で気軽に試せるミニサイズ(50g)があるのも嬉しいですね。

(4)ホーユー アシュレーカラートリートメント

テレビCMなどでおなじみの白髪に特化した市販メーカーが開発。230g入りで1,000円ぐらいとコスパも魅力。

7色のカラートリートメントから選べます。 特にアッシュカラーに近いニュアンスに染まるのが「ブルーグレー」 です。

専用コーム付きで、パープルやオレンジの取り扱いもあるので、ミックスして使うことも可能です。

(5)フラガール カラートリートメント

白髪ケアに特化したカラートリートメントです。ココナッツオイル配合で髪が痛みにくいヘアカラートリートメント。これまで4色だったのですが新た「アッシュブラウン」も発売されました。

同じブランドでヘアオイルや、シャンプーもあります。フラガールですがすべて国内工場で製造されていて、オーガニック成分も豊富。250gで2,000円。

(6)ネイチャー アンド コー ボタニカル カラートリートメント

アンナドンナと同じで白髪専用というわけではありません。ヘアカラーで退色した髪をケアしながらほんのり染める用で若い方も使っています。5色のカラー全てがスモーキーな色合いで、個性的かつ、自然な仕上がりになります。
特にアッシュカラーのニュアンスが強いのが

「ストーングレイ」「アースブルー」「スモーキーバイオレット」 の3色です。

シアバターやアルガン・アーモンド・セージ由来のオイルなど、食品などの着色に使用されるボタニカル染料が配合されています。150gで1700円ぐらい。

(7)エンシェールズ クリップジョイントカラーバター

これも白髪専用ではありません。取り扱いカラーはなんと20種類以上! カラフルで個性的な色で大人気のシリーズです。 豊富なカラーリングを短期間楽しむのに利用している方が多いようです。
アッシュカラーにするなら「アッシュミルクティー」「シルバー」「プラチナシルバー」
がオススメ。

さらにピンクや青やオレンジなどのニュアンスを足すことができるミニサイズ(20g)の販売も。アッシュ系の色はミニサイズの取り扱いがないのですが、上記のアッシュカラーと混ぜて気軽にニュアンスが加えられるのが好評です。

白髪とアッシュのカラートリートメントは相性抜群!

黒髪混じりでも白髪オンリーでもニュアンスを楽しめるのが面白い

ヘアカラートリートメントで白髪をアッシュにするのが良い理由をまとめました。

  • アッシュカラーは白髪が目立ちにくく、おしゃれな印象に
  • 混ぜることで様々な色のニュアンスが楽しめる

興味がある方は少量タイプで試してみたり、ぶなんなアッシュブラウンなどひかえめな色から試して、自分好みの色を見つけてみるのも楽しそうですね♪