現役の美容師がおすすめ!

白髪染めトリートメントのランキング

白髪染めトリートメント

女性の白髪は何歳からが平均?おすすめの白髪ケアの方法

自宅でセルフケア

女性の白髪は何歳から?

同い年のあの子はまだ白髪なんて無さそうのに、なんで私にだけこんなに早く…そのように考えたことがありませんか。

そんな不安を解消するために、この記事では女性の白髪と年齢について、詳しく解説いたします。
そして、いざ生えてきてしまった白髪をどうするべきか、ケアの方法についてもご紹介したいと思います。

女性の白髪が生えてくる平均年齢

30代、驚く

女性の白髪が生えてくる年齢は、約70%の方が30代後半から40代前半にかけてになります。

約30%の女性が、20代後半から30代前半と、早くから生え始めるようです。このように個人差はありますが、ほとんどの日本人女性が、30代のうちに白髪を経験しています。

女性が白髪に悩み始める年齢は?

白髪が生え始める平均年齢は分かりましたが、一方で白髪に悩むのは何歳頃からでしょうか。

なんと半数以上の女性が、30代後半から40代前半から白髪に悩み始めています。実は、白髪が生えてくる年齢とほとんど等しいことがわかりました。

日本人の地毛は黒色と、白髪がとても目立ちやすいため、たとえ数本であっても気になりやすいです。明るい色に髪を染めている方や、地毛の色が明るい方は白髪があっても黒髪の方より目立ちにくいでしょう。

さらに男性と比べると多くの女性が、身だしなみに気を遣い、鏡をチェックする回数が多くなります。それも早い段階で白髪に悩む一因といえるでしょう。

年齢別、白髪の本数の割合は?

ちらほら白髪

髪全体での白髪の割合は、年齢別にみてどうなるのでしょうか。

白髪の本数は、個人差はあるものの、生え始めてから徐々に増えていきます。30代で生え始め、40代後半は3割から4割、50代に差し掛かると半分が白髪になります。

そして70代半ばを過ぎると、ほとんどの方は全体が白髪になっていきます。

白髪は30代女性のヘア悩みランキング1位

30代以降の女性のヘア悩みランキング1位は、断トツで白髪になります。エイジングによる抜け毛やくせ毛、パサつきといった悩みをおさえての結果です。

このように、世の多くの女性が白髪に悩まされていることが分かりました。自分だけではないと思うと、心が少し軽くなりますよね。

おすすめの白髪ケアの方法をご紹介

カラーシャンプーを使う

白髪の年齢についての疑問が解消されました。そして次に気になるのは、いざ生えてきてしまった白髪の対処法になると思います。

そこで、白髪ケアの方法をひとつずつ解説していきます。

まずはご自分の白髪の本数や目立ち具合、髪の傷みを確認してください。そのうえで、最適な白髪ケアの方法を選んでいきましょう。

白髪の本数がまだあまり多くない方に試して頂きたいのが、カラーシャンプーです。使うたびに自然に染まっていき、いつも通りシャンプーするだけでムラになりにくくなっています。

ヘアカラーだと定期的に通わなければいけません。しかしカラーシャンプーは気になったときに使うだけなので、コスパがよく手間にならないのがメリットです。

そして、なかには無添加で肌に優しい商品もあるので、アレルギーや肌が弱くて美容室でのカラーができない方でも使えます。

ヘアカラートリートメントを使う

カラートリートメントもカラーシャンプーと同様に、セルフでのケアが可能な白髪の対処法となります。

カラートリートメントの多くは、徐々に染まるカラーシャンプーよりも、しっかりとカラーが入っていきます。使い方やムラ、色の選択に注意が必要ですが、シャンプーと比較するとセルフでもしっかり染まるのでお勧めです。

さらに補修や潤い成分が配合されているものがほとんどなので、髪を傷ませずに使用ができることがポイントです。

30代で若い方はおしゃれ染めをしていらっしゃる場合もあるでしょう。白髪染めカラートリートメントはカラーバリエーションがダークブラウンとブラウンぐらいしかなく、色が今の髪色より濃すぎる場合があります。

カラーバリエーションが多いカラートリートメントはLPLPで6色もあります。

サロンでヘアカラーをする

やはりプロにヘアカラーをしてもらうのが、仕上がりのクオリティーが高いので安心です。

手軽さやコスパを考えると、セルフで出来るカラー商品もありますが、仕上がりのクオリティーは劣ってしまいます。

カラーシャンプーやトリートメントは、傷んでいる髪に染まりやすくなりますが、白髪の本数が多く、生え始めの根本が気になるような方には、満足できないでしょう。退色も早いですが、カラーであればしっかり色が入ります。

一方サロンでカラーをしてもらう場合は、毛の状態をみてカラー剤を選定してくれます。一番染めたい根本がなかなか染まらないと心配する必要はありません。

根本の白髪を対処したい方や、自身でのケアが不安な方は、プロの美容師に頼ってみましょう。

白髪隠しを使う

プリオール白髪隠しファンデーション

白髪隠しとは、応急処置のような感覚で、白髪を隠すことができるものです。一時的なので、カラー剤を使ったヘアカラーやカラーシャンプーなどとは違い、洗い流すことで落とせます

分け目やもみあげ周りに見えている白髪だけ気になる、お出かけの日だけに隠せればいい、といった方におすすめです。

そんな白髪隠しですが、ファンデーション、スティック、コーム、マスカラといった様々なタイプがあります。色落ちの程度、香り、使用感など、商品によってそれぞれ違ってきますので、自分に合ったものを探しましょう。

白髪の原因ってなに?

白髪が生えてきてしまった時の対処法を一通りご紹介しました。対処法は分かったけど、そもそも白髪が生えてしまう原因が分かれば、予防ができるのではと思いませんか?

そんな白髪の主な原因がこちらです。

  1. エイジング
  2. 遺伝
  3. ストレスや栄養不足

これらが白髪の原因の多くとなりますが、中には薬の副作用や障害によるものもあります。

白髪の予防はできるの?

白髪の主な原因がわかりましたね。

遺伝などは防げませんが、加齢・ストレス・栄養不足に関しては、普段から気を付けることで、防げるものがあります。

栄養素に気を遣ったバランスの良い食事をとると、体内年齢も若返ります。また適度に運動をすることで、若さを保ちストレスの発散にも効果があるでしょう。

特別な方法ではなく、こういった毎日の生活を改めることが、一番の白髪予防になりそうです。

また、精神的なストレスでの影響は、肌や髪に顕著に現れます。ストレスが溜まりそうなときは、がんばらずに意識的に休息をとってくださいね。

自分に合う白髪ケア方法を

30代で白髪が生えるのは一般的です

いかがでしたでしょうか。

白髪に関係のある年齢、白髪ケアの方法、白髪の原因と予防について、ご紹介いたしました。歳を重ねると、どうしても避けられないのが白髪の悩みになると思います。

しかし、誰もが同じような時期から白髪に悩んでいることを思い出して、気を楽にしてください。
ゆっくり自分に合うケアの方法を見つけていきましょう♪