白髪染めトリートメントで染まらない理由を美容師が解説します!

カラートリートメントを塗る ノウハウ

カラートリートメントは染まらない?

美容師が染まない場合の理由と改善策をお伝えします

悩む、考える女性

手軽に気になる白髪をカバーできることで人気の、白髪染めトリートメント。
愛用している方も、使ってみたいと気になっている方も多いと思います。

ただ一度使ってみたけれど、うまく染まらなかったという声もちらほら聞きます。

今回は白髪染めトリートメントで染まらなかった原因と、きれいに染めるためのコツをお伝えします。

まず使用する前に使い方確認

使用する前には説明書をしっかり読みましょう。

メーカやその商品によって、放置時間や注意事項は違ってきます。
このような場合は使用しないでください、という箇所はしっかり目を通しておきましょう。

乾いた髪につけることを推奨されている製品なのに、シャンプー後の濡れた髪につけていれば、染まりの効果が期待できなくても仕方ないのです。使い方に沿って使いましょう。

染まらなかった原因は4つ

白髪がうまく染まらなかった時、考えられることは次の4つです。

  • 放置時間が足りなかった
  • 塗布量が少なかった
  • 塗布したつもりが付いていなかった
  • 一度では染まりにくい商品(色味)だった

それぞれについて解説していきます。

① 放置時間が足りなかった

カラートリートメント放置中

白髪染めトリートメントが染まる仕組みは、イオンや小さな分子を髪の表面に色をピタッと吸着させ発色します。

その染料が表面に定着する前に流してしまえば、うまく発色せず染まりません。
5分で染まるという商品もありますが、やはり5分より10分、10分より20分放置した方が染まりがいいのは事実です。

ただ地肌に直接つけるものですので、放置時間が長ければ長いほど、肌が染まりやすくなるというリスクはあります。

ただカラートリートメントは地肌についても2,3日で落ちます。ですから、さほど気にすることはないと思います。

② 塗布量が少なかった

個人的には、この失敗例が一番多いように感じます。通常のトリートメントと同じ分量では染まりません。カラートリートメントは塗布量がとても重要です。

塗布量が少なく、薄くしかついていない箇所は、ほとんど染まらないと言ってもいいほどです。トリートメント剤で髪1本1本を包み込むように塗布できていれば、必ず染まるはずです。

白髪染めトリートメントは伸びが良いものも多いので、つい少量で全体に付いた気になりやすいので注意が必要です。

一番しっかり染めたい根元部分は、薬剤を溜めて置くような量感で丁度いいでしょう。ケチらずたっぷり使うことが大切です。

③ 塗布したつもりが付いていなかった

中間~毛先は染まったのに肝心の根元の染まりが悪い、これも白髪染めトリートメントに多い失敗パターンです。

根元は毛先に比べて髪が密集していますし、根元の新しく生えてきた白髪は初めて染めるので、当然真っ白の状態です。ですからもともと染まりづらいのです。

またコーミングすることで、せっかく根元に溜めた薬剤を中間の方に伸ばしてしまいやすいです。

ある程度はコーミングで馴染ませた方がムラなく染まるのですが、根元の薬剤はしごいて取らないように注意が必要です。

④ 一度では染まりにくい商品(色味)だった

前提として、白髪染めトリートメントは重ねることでしっかり染まっていきます。

一度ではあまり染まらない商品もありますが、性質上やむを得ないとも言えます。

毎日使っても髪ダメージがありませんし、根気よく使ってみてください。

商品によっては色がしっかり定着するまでの数回、白髪部分だけオレンジや紫っぽい色になるものもあります。これも回数を重ねることで自然なブラウンになるので安心してください。

どうすればきれいに染めることができるのか

きれいに染めるポイントは次のようなものです。

  • 放置時間をしっかりおく
  • 量をたっぷり使う
  • 根元やフェイスラインは薬剤を溜めるように塗布する
  • 使い始めはスパンをあけずにこまめに使用する

白髪が最も目立ちやすく染まりづらいフェイスライン・もみあげは最初に塗布し、最後に再度溜めて塗布するとベストです。

特に女性は、毎日のメイク落としで髪の生え際の色が落ちやすい傾向があります。

たっぷりの量を使い、できればコットンや柔らかいペーパーなどで押さえると良いでしょう。そうすることで、顔周りの短い白髪も逃さず染めることができます。

使う量は、しっかりと規定の量を使いましょう。
明らかに他人と比べて髪の量が多いと感じている場合は、規定量よりも多く使う必要があります。

また一般的には硬い髪・太い髪は染まりづらい傾向があります。

もう一つ大事なことは、使いはじめは根気よく使うことです。どうしても最初のうちは色が定着しづらいものです。

毎日、もしくは1日おきに使用することで次第に色が定着していきます。最初は多少染まりが悪いなと感じても、根気よく続けてみてください。

ある程度色が定着してくれば、週1、2回ペースにしても気にならなくなってきます。

染まらない原因は量と放置時間が多い

ケチらずたっぷり使ってください

いかがでしょうか。

今までうまく染まらないと感じていた方は、是非参考にしてみてください。
同じ白髪染めトリートメントでも、やり方を見直して実践するだけで、染まり方が全然違うなんてこともあり得るでしょう。

コツさえつかんでしまえば、もっとストレスなく白髪と付き合っていけると思います。