白髪は遺伝するから治らない?治る白髪と治らない白髪の違い

白髪量20%、頭頂部 使い方

白髪は遺伝が100%じゃない?

白髪は治るのか美容師が解説します

白髪とはメラニン色素欠乏で起きる

そもそも、白髪はなぜできるのでしょうか。私たちの髪の毛は一定のサイクルによって古い髪から新しい髪へと生え変わっていくようになっています。毛根の根元には、毛母細胞というものがあるのですが、毛細血管から酸素と栄養を取り込むことにより、髪は成長していきます。

毛母細胞というものには、メラノサイトという色素を形成してくれる細胞があります。成長していく工程の中で、メラノサイトが生成をしたメラニン色素を徐々に取り入れることにより、髪の毛に色がつきます。

しかしながら、何かしらの原因によってメラノサイトの働きが低下をしてしまったり、メラノサイトの数が減少をしてしまったりするとメラニンが不足をしてしまい、色素が入っていない状態である白い髪の毛、いわゆる白髪が生えてきてしまうのです。

黒髪はチロシナーゼという酵素も必要

メラノサイトでメラニン色素を作り出すためには、それらだけでなくプラスしてチロシナーゼという酵素が必要となってきます。このチロシナーゼが不足してしまうと、メラニンを生成することができず、白髪が発生してしまうと言われているのです。

このことからつまり、白髪はメラノサイトの機能の低下そして数の減少やチロシナーゼの不足などが原因によって引き起こされてしまっているのです。

白髪は遺伝するのか?

シニア、白髪、50代、60代

結論的に言うと、白髪は遺伝します。年齢を重ねても、いつまでも美しい白髪1本も混じっていない髪を持つ人も中にはいますし、一方で10代から白髪がではじめてくるという方もいるなど、白髪が出てくる年齢は人それぞれです。

この違いには、遺伝的要因が強い場合があると言われています。白髪の遺伝に関しては、ハッキリとまだ解明されていないことも多いということから、はっきりとお伝えすることは出来ないものの、統計的にメラノサイトの生存や維持に関係をしている遺伝子がもともと少ないという人が白髪になりやすい傾向にあると言われています。

この遺伝子は、メラニン色素を髪に送り込むときに重要な役割を果たすことから、このメラノサイトが少なくなってしまうと白髪になりやすくなってしまうのです。

白髪になる原因

白髪の毛根

白髪には遺伝による先天的な白髪、そしてストレスや生活習慣によって引き起こされる後天的な白髪の2種類が挙げられます。どちらとも髪を黒くするメラニンが無くなることによって白髪になるように、発生のメカニズムは同じなのですがその原因は大きく3つに分けられます。

メラノサイトの休止・死滅

メラノサイトとはメラニンを作る工場のようなものです。メラノサイトが休止をしてしまったり、死滅をしてしまったりするとメラニンが生成されなくなってしまい、結果的に白髪になってしまいます。

チロシンの不足

メラニンの原料はチロシンというアミノ酸の一種なのです。この原料であるチロシンが不足してしまうと、工場であるメラノサイトがいくら頑張ったとしてもメラニンは作られることがなく、白髪になります。

正常な指令が無い

工場であるメラノサイトが機能をしていて原料であるチロシンが十分にあったとしても、身体の機能として司令塔からの正常な指示が無いという場合には、メラニンが生成することがないので、結果的に白髪になってしまうのです。

白髪は治らない?

メラノサイトの休止やチロシンの不足が原因であれば黒髪に戻る可能性はあると言えるものの、それは全体の白髪の約2割とも言われているほど、かなり確率が低いものです。残りの8割はメラノサイトが消失して白髪になってしまうからなのです。

このことから、8割型白髪は治らないと言えます。もちろん、残りの2割型の部分に希望を掛けて運が良ければ治るかもしれませんが、そのような事はかなり確率が低いですので、基本的には白髪は治らないと思っておくことが良いです。

白髪にならないために

生え際、白髪

白髪を予防・改善するには先程ご紹介をした3つの原因が起こらないようにも、メラニン生成のサイクルを正常に回し続けていくということが大切になってきます。白髪は病気のように回復をすることによって完治するというものではなく、出来てしまえば残りの人生ずっと付き合っていかなければならないようなものです。

適切なケアで一時的に白髪を改善できたとしても、そのサイクルを止めてしまうとまた白髪に戻ってしまうなど、とにかく白髪との付き合いは難しいものです。一度白髪になってしまうと、改善することが難しいということから白髪を予防するためのケアもかなり重要になってきます。

白髪ケアにおいては継続をしていくということが何よりも大事ということが分かります。メラノサイトが消失してしまう前に、適切にケアをすることが大事なのです。白髪にならないためにも、今の美しい髪の毛からきちんとケアをしていき、白髪を作らないようにしてあげてください。

すでに白髪が出来ているのであればもう手遅れ?

すでに白髪が出来てしまっており、半ば諦めかけてきている方もいると思いますが、できてしまった白髪を無くすことが難しくても、これ以上白髪を増やさないことは可能ですので手遅れではありません。

また、白髪が気になるのであれば白髪染めをするなどしてオシャレを楽しんだり、最近では白髪がオシャレというイメージもあり、あえて白髪染めせずにいる女優さんもいます。

既に白髪が出来ていてもこれからしっかりとしたケアをしていけばこれ以上増えることはなく白髪の生成を止めることができるので、是非とも今日からでもケアをしてみて下さい。

白髪体質は100%治らないけど

白髪ケアのきっかけになれば幸いです

白髪は遺伝します。2割型は治るものの8割型は治りません。

生活習慣で多少は緩和しますが、それだけでゼロにはできませんので、白髪を染める等ケアをしてみましょう。