現役の美容師がおすすめ!

白髪染めトリートメントのランキング

白髪染めトリートメント

白髪染め色選びで失敗しない!ブルべ・イエベ別のおすすめカラーを美容師が解説

白髪について

自分に合う白髪染めは何色?美容師が解説します

イエローベースとブルーベースとは何なのか

自然界にある色はすべて、黄味を含む色と青味を含む色に分かれています

同じ『ホワイト』でもイエローベースなら『オフホワイト』、ブルーベースなら『より白い青味のホワイト』というような感じです。

このように地の色によって違ってくるのです。

人間の肌も同じように、黄味がかった色と青味がかった色が存在します。自分の持っている色味と同じ色味は馴染みやすく、しっくりくる感覚になります。

同じブラウンの白髪染めでも、自分に馴染みやすいブラウンを選ぶことで、違和感がない似合うブラウンを選ぶことができるのです。

では自分はどちらに属するのか見ていきましょう。

イエローベースの人の特徴

イエローベースの人は次のような特徴があります。

  • 瞳の色が黄味よりのブラウン系
  • 白目の色がアイボリー系
  • アクセサリーはシルバーよりゴールドの方が馴染む
  • グレーを着ると顔色が暗く見える
  • すっぴんは顔のくすみ感が気になる
  • 血管が緑色っぽく見える

イエローベースの人は、肌がツヤっぽく健康的に見える人が多い印象です。

ブルーベースの人の特徴

ブルーベースの人は次のような特徴があります。

  • 瞳の色は赤みのあるブラック系
  • 白目が青白い
  • アクセサリーはゴールド系よりシルバー系の方が馴染む
  • ベージュを着ると顔色がくすむ感じがする
  • すっぴんは目の下のクマが気になる
  • 血管は青っぽく見える

ブルーベースの人は透明感があり、落ち着いた優しい印象の人が多いです。

イエローベースに似合う色味とは

美容室、美容師

では早速ですが、イエローベースの人はどんな色が似合うのでしょうか。
イエローベースの人は基本的に明るめの色が似合いやすいと言われています。
白髪染めでも、黒っぽいよりは少し明るさがある方がしっくりくるでしょう。
特に似合う色は次のような色味です。

  • ゴールド(イエロー)ブラウン
  • ライトブラウン
  • オリーブブラウン
  • ベージュブラウン

特に黄色味のあるベージュ系ブラウンやライトブラウンは、イエローベースの人は得意とする色味になります。

またグリーン味があるオリーブブラウンも馴染みやすいです。アッシュブラウン系も、暗すぎなければ合わせやすいでしょう。

ただ白髪染めですので、明るいトーンになればなるほど白髪への色の入りは薄くなります。

その点を注意して色選びをしていくと良いと思います。

ブルーベースに似合う色味とは

ではブルーベースの人はどんな色が似合うのでしょうか。
ブルーベースの人は、黒に近い色や青味のあるアッシュ系が似合うと言われています。

地毛の黒髪がしっくりくるのもブルーベースの人の特徴です。
特に似合う色は次のような色味になります。

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • アッシュブラウン
  • ブルー系ベージュ
  • ワインレッド
  • ヴァイオレット系ブラウン

透明感のあるブルーベースの人は、黒髪やダークブラウンを最も得意とします。
また赤みのある色も似合います。
写真のようなワインレッドやヴァイオレット系の深い色味も似合う人も多いです。

ただ人によって、あまりに青みを強く出し過ぎると顔色が悪く見える方もいます。その点だけは注意が必要です。

どちらか分からない場合は

自分はイエローベースなのかブルーベースなのか分からない人もいると思います。実はどちらの要素も持っている人が存在するのです。

そのような場合は、イエローベースとブルーベースのちょうど中間の色を選ぶと無難です。たとえば赤みも黄みもどちらにも偏りすぎないブラウンなどです。

その他にも強すぎないピンクブラウンや、黄味により過ぎないベージュブラウンもいいでしょう。

どちらの要素も持っているからこそ、様々な色にチャレンジしてみてもいいかもしれませんし、失敗したくない場合は濃く染まらないカラートリートメントで様子見しながら染めるのもありかもしれません。

イエローベースでもブルーベースでも白髪染めで注意したいこと

美容室、ヘアカラー

人には似合う色味と苦手な色味があることはお分かりいただけたと思います。
ただ白髪染めでは、注意しなければいけないことがあります。

白髪はあくまでブラウンの濃い色素がないと染まりません。

ですからブルーやピンクという色が強い場合、白髪は染まらない(またはうすく色付く程度)になります

ブラウンをベースとして、その中でどんな色味を足したいかを考えて選ぶと良いでしょう。

パーソナルカラー別の似合う白髪染め探しのポイント

服やメイクも似合うなじむ色があります

いかがでしょうか。
このイエローベースとブルーベースというのは髪色だけの話だけではありません。

メイクやお洋服でも同じことが言えます。
ご自身をより良く見せることができる色の系統を知っておくだけで、色々なものに活用できます。

是非参考にしてみてください。