現役の美容師がおすすめ!

白髪染めトリートメントのランキング

白髪染めトリートメント

加齢による白髪のうねりの原因と改善方法を美容師が解説します

生え際、分け目、白髪 白髪について

白髪だけじゃなくコシがなくうねる髪の取り扱い方

加齢で変化するのは体だけじゃない

年齢を重ねるにつれ体もあちこちに変化が出てきます。若いころは気にならなかったお肌や体も、40歳頃から

  • 「ん?なんとなくお肌にハリがなくなった?」
  • 「体があちこち痛むようになってきた」

と感じるのではないでしょうか?

そして髪の毛も艶もコシもなくなってきた、おまけにうねっているような気がするということはありませんか?

ここでは加齢による髪の変化と改善方法についてお話します。

なぜ白髪が生えるのか?

加齢によるもの

白髪量20%、頭頂部

髪の毛はもともと無色透明です。

なぜ黒いのでしょう。その元になっているのは「メラニン色素」でメラノサイトという色素の細胞で出来ています。

加齢によってメラニン色素の機能低下を招き、髪の毛に送られる数が少なくなるため白髪が目立ち始めることになります。

ストレス

ストレス

仕事や対人関係、家庭でのストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか?「ストレスで白髪が増えた」という声も多く聞きますよね。

ストレスがかかると血液の循環が悪くなり、先述したようにメラノサイトに影響が出ます。その結果、メラニン色素の生成が少なくなり白髪が増えるのです。

食生活の乱れや過度なダイエットなども白髪を増やす原因になります。

白髪の生え方も個人差があって若いうちから白髪が生えてくる人もいますし、年齢を重ねても全くと言っていいほど白髪の生えない人もいます。男女の差は特にありません。

また、太い毛の人は白髪になりやすいというデータがあります。

白髪が生える原因としてはっきりとした研究データーが出ているわけではありませんので、これは憶測として聞いてほしいのですが、毛が太いとそれなりにメラニン色素がたくさん必要になるために加齢によって補いきれなくなるからでは?と言われています。

加齢による毛のうねりの原因は?

髪のうねりも「くせ毛」と「加齢」によるものとは全くの別物です。

もともとストレートだった髪が歳とともにクセ毛になってきたと感じた時は、加齢による「髪質」の変化によるものと考えることが自然です。

年齢とともにお肌や頭皮には「たるみ」がでてきます。

頭皮が衰えてたるんでくると毛穴の形が変化してしまい、ゆがんだり縮んだりします。きれいな丸い毛穴からはまっすぐの髪の毛が生えてきますが、ゆがんだ毛穴からは、クセのついた髪が生えてきてしまいます

これが加齢によるうねりの原因です。

髪の水分量の減少

白髪の毛根

うねる原因の一つとしては髪の「水分量の減少」があります。髪も年齢とともに水分量が減っていくのです。そのために保湿力が弱くなってしまいます。

年齢と共に頭皮もたるんでしまいます。そのために髪の通り道と言われる毛包に歪みができることもうねりの原因と言われています。

健康な髪の毛は毛根から毛包を通ってまっすぐに生えます。しかし毛包が歪むとあちこちに違う方向に生えてきてしまいうねりにつながるのです。

更年期

更年期になると「エストロゲン」という女性を美しくしてくれるホルモンが減少します。私も経験者ですが、更年期を迎えてからそれまでなかった白髪が増え、髪の毛も落ち着きがなくなる方が多いです。

コルテックス

毛髪断面図

キューティクルの内側には「コルテックス」といって髪のしなやかさや強さを生み出す細胞があります。地毛の黒い色素もコルテックスがメラニン色素を運ぶためです。

パーマやヘアカラーを繰り返すとコルテックスがデコボコになってうねりが生じやすいとも言われています。

元に戻せる白髪 戻せない白髪

残念ながら白髪はもどりません

ですが、ストレスや血行不良、新陳代謝の低下による白髪であれば、改善の方法次第では次に生え変わるときに黒髪になっていることもあります。

まずはストレスを取り除くことですが、現代社会では中々難しいかもしれませんよね。

ですが、自分の好きなことやリラックスできることを見つけてストレスの解消をしましょう。好きな入浴剤をいれてお風呂にゆっくりと浸かることも効果があるのではないでしょうか?

ストレス解消によって自律神経の働きが正常になり、体も気持ちも元気になれば健康な黒髪に戻すことも期待できるのです

食生活の改善

好きな物ばかり食べていませんか?栄養のバランスが整っていないと代謝の低下の原因を招きます。

油ものや肉ばかりだと栄養が偏ってしまいますので、食事に気を付けることで栄養を毛根に届けることができますよ。

忙しくて食事に気を使えない場合は、ビタミンやミネラルのサプリメントをおすすめします。

睡眠はしっかりと

睡眠不足も白髪の大敵です。

睡眠不足で頭がフラフラしたりするのは血流が悪くなって脳に酸素が送り込まれていない状態なのです。睡眠不足になると体だけではなく髪の毛にも影響を与えます。

睡眠不足はお肌にも悪いですよね。ですので無理をせずしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

美容師おすすめ髪のうねりの改善方法3選

1.ドライヤーできちんと乾かす

ドライヤー、ヘアケア、髪を乾かす

髪全体をざっと乾かしたら髪の根元手ぐしやブラシなどを使ってまっすぐに整えながら乾かすことが大事です。

最後に冷風で仕上げましょう。

濡れた髪は髪表面のキューティクルが開きダメージを受けやすいのです。乾かした後冷風をあてるとキューティクルが早く閉じて引き締まり仕上がりがキレイになります。

2.保湿

ヴァセリン、鉱物油、ミネラルオイル

うねりが目立たないように短めにカットすることもうねり対策の1つですが、長い髪でもうねりを抑える保湿性の高いワックスを使うこともオススメです。

シャンプーのあとのトリートメントも保湿力が高いものがいいですね。

3.ヘッドスパ

ヘッドスパ、頭皮

頭皮のマッサージを定期的に行うことで血流がよくなり頭皮のたるみを防ぐことができ、健康的な髪が期待できます。また、頭皮がたるむと顔もたるんでくるのです。

毎日でも行いたいと思ってしまいますね。

お風呂上り5分のマッサージが最も効果的です。必ず、シャンプーをして頭皮の汚れを落としてから行いましょう。

髪のゆがみを防ぐために

日々の手入れが加齢のダメージを遅らせます

若い頃を比べると、年齢と共に髪の毛は細くなりコシもハリも少しづつ落ちてしまいます。

それはしかたのないことかもしれませんが、やはり大事なことは、日頃から健康的な生活、髪の毛や頭皮のお手入れを心がけるということが大切なポイントです。