現役の美容師がおすすめ!

白髪染めトリートメントのランキング

白髪染めトリートメント

白髪染めとおしゃれ染めでどちらが髪、頭皮が痛むのか美容師に聞いてみた

美容室、カラーリング、アルカリカラー 白髪について

おしゃれ染めと白髪染めって何が違うの?

髪や地肌へのダメージについて美容師が解説

美容室、ヘアカラー

白髪を染めるための白髪染め、黒い地毛を明るく染めるためのおしゃれ染め、美容室でもこの二つのメニューを分けているところが多いです。

白髪染めとおしゃれ染め、はたしてどちらの方が髪や地肌にダメージが大きいのでしょうか。白髪がパラパラとあるけれど、白髪染めにした方がいいのか、おしゃれ染めのままでも問題ないのか、そんな悩みを持っている方も多いです。

今回はそんな白髪染めとおしゃれ染めの疑問についてお答えします。
また意外と知らない、白髪染めとおしゃれ染めの違いについても解説していきます。

白髪染めとおしゃれ染めの違いとは

アルカリカラー、カラーリング

まず一般的なおしゃれ染めと白髪染めは、何が違うのでしょうか。

実は薬剤的な分類でいうと同じです。

最近のプロ仕様のカラー剤では、白髪染めとおしゃれ染めを分けていないメーカーもあったりします。髪内部のメラニン色素を分解して、明るさや色味を調整します。ですから明るくも暗くもできるのです。

その中で、白髪を染まるように作られたカラー剤を『白髪染め』、黒髪が染まるように作られたカラー剤を『おしゃれ染め』と呼んでいます。

白髪染めとおしゃれ染めはベースの色が違う

カラー見本

基本的に、白髪染めは茶色(ブラウン色)をベースに作られています。おしゃれ染めは多様な色味に対応できるよう、ブルーやピンクなど、色はたくさん存在します。
これが白髪染めとおしゃれ染めの大きな違いです。

白髪染めはあくまでブラウンベースですので、思いっきり色味を変化させるということは難しくなります。
しかし比較的色持ちがよく、色の選定がしやすいという特徴があります。

おしゃれ染めはベースの色にもよりますが、ブリーチ剤で明るくした上に使用すれば、様々な色味が再現できます。

そのかわり、白髪染めに比べて退色が早く感じやすいというデメリットもあります。

おしゃれ染めで白髪は染まるのか

ここでひとつ疑問に感じるのが『暗めのおしゃれ染めで白髪は染まるのか』というところです。

たとえば黒染めや黒髪戻しと呼ばれるカラー剤です。これは白髪も染まります。

なぜなら、おしゃれ染めという枠でも、ブラウンがかなり濃く入っているからです。

ただし市販のダークブラウンと呼ばれる色や、暗めの茶色と表現しているカラー剤については、白髪が染まるかはわかりません。

その薬剤の中に、白髪が染まるだけのブラウン量が含まれているかによります。

美容室では、美容師の経験をもとに髪質等を考慮して『このくらいの髪質なら、この薬で白髪も染まるだろう』と薬剤選定します。ですから失敗はほとんどないのですが、市販品で白髪を染めたいのならば、白髪染め商品を選ばないと失敗しやすいでしょう。

美容室のカラーなら△、市販品なら×と言えます。

頭皮にダメージが強いのは白髪染めかおしゃれ染めか

頭を抱える、頭皮、かぶれ

では白髪染めとおしゃれ染め、頭皮にダメージが強いのはどちらでしょうか。

おしゃれ染め(ブリーチ剤は除く)よりも白髪染めの方がより頭皮に刺激が強いです。
理由としては次のようなものがあります。

  • 白髪染めは根元にべったり塗布するため
  • おしゃれ染めに比べ使用頻度やスパンが短いため
  • 白髪染めはアルカリ剤も染料も両方強いため

おしゃれ染めと白髪染めは染め方の違いがある

セルフカラー

まず白髪染めは根元にたっぷり塗布するのが基本です。おしゃれ染めは根元にべったり塗布すると、そこだけ明るくなりすぎてしまうため、根元は薄く(もしくはあける)のが基本です。

この塗り方の違いで、白髪染めの方がより薬剤が頭皮に付いて刺激になります。

また白髪染めの方が染め直しまでのスパンが短いことも大きく関係します。やはり頭皮への使用頻度が高いほど、頭皮への負担も大きくなります。

また基本的に白髪染めは薬剤自体が強いものが多いです。ここで強いというのは、アルカリ濃度(脱色作用)も、色素(色味を入れる濃さ)も強いということを意味します。

どちらも頭皮に対しては刺激となる成分です。ですから、白髪染めの方がより慎重に選んだほうがいいと言えます。

髪にダメージが強いのは白髪染めかおしゃれ染めか

ダメージヘア、毛先

では髪に対してのダメージはどちらが強いのでしょうか。これに関していれば、ケースバイケースになり、引き分けだと思います。

カラー剤は近年どんどん質も良くなり、ダメージレスになってきています。白髪染め、おしゃれ染め問わず、美容室で質の薬剤を選んで使えばどちらも同等でしょう。

ただし明るい薬剤(ブリーチ剤やハイトーン)はどうしても痛みやすいです。それ以外のおしゃれ染め、白髪染めであれば、引き分けです。

なにより、良い薬剤(トリートメント成分が高い・刺激成分が少ない)薬剤を選んで使用することが髪ダメージ軽減に有効です。

逆に言うと、市販のカラー剤はおしゃれ染めも白髪染めもどちらも髪ダメージは強いと思ってください。
市販品はどんな染まりづらい髪でも染まるように、薬剤パワーを強く設定してあります。ですから必要以上の髪ダメージがかかってしまうことがほとんどなのです。

おしゃれ染めと白髪染めの違いまとめ

違う点は染め方、染める頻度

いかがでしょうか。

白髪染めとおしゃれ染めの違いや、それぞれの特徴について解説していきました。
これを参考に、今後のカラーリングを選んでみてはいかがでしょうか。